民事責任(読み)みんじせきにん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

民事責任
みんじせきにん

不法行為による賠償債務または履行債務一般を負うことや,債務不履行(→履行不能)の場合に債務者が一定の財産による担保を負担すること(→自然債務)。会社法における社員の責任は,合名会社合資会社合同会社株式会社という会社の種類のいかんに応じて,会社債務に対するその限度が法定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

民事責任【みんじせきにん】

広義では不法行為による損害賠償責任と債務不履行による責任の双方を含むが,狭義では前者をさす。刑事責任が社会の防衛と将来の違法の防止を目的とするのに対し,民事責任は被害者が現に受けた損害を填補(てんぽ)しようとするもので,被害者に対する責任である。故意過失とを区別しない。→責任

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

みんじせきにん【民事責任】

他人の権利・利益を不法行為により侵害した者が、被害者のこうむった損害について賠償を行う責任。債務不履行による場合を含めることもある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

民事責任
みんじせきにん

たとえば人を傷つけたりして他人の権利ないし利益を違法に侵害した者が、被害者に対して負う私法上の責任。普通、刑事責任に対し、不法行為による損害賠償責任をさすが、たとえば、約束違反などのような債務不履行責任をも含めて、より広く私法上の損害賠償責任の意味で用いることもある。民事責任と刑事責任とは、古代ローマ法や古ゲルマン法では完全には分化していなかったが、近代になり民事責任は不法行為による損害の填補(てんぽ)、刑事責任は犯罪に対する応報と予防、という形で分化された。今日、両者は訴訟上、民事裁判と刑事裁判として別個に処理されているが、付帯私訴のように刑事裁判のなかで民事の損害賠償を求めることを認めるところもある(フランス法)。広義の民事責任は債務不履行責任と不法行為責任とに区別されるが、日本の民法上、両者ともに過失責任主義のうえにたっている(原則)。ただ、債務不履行の場合、不履行者側が責めに帰すべき事由のなかったことを立証しなければならない(民法415条参照)のに対し、不法行為では被害者が加害者の過失の立証責任を負うのが原則である(同法709条参照)。そのほか、時効期間は、債務不履行の場合10年である(同法167条1項)のに対し、不法行為の場合には3年の短期消滅時効がある(同法724条)などの違いがある。[淡路剛久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の民事責任の言及

【責任】より

…しかし責任意識の進化の観点からみた場合のこのような遅れは,別の側面においては,すぐれた共感能力や仲間への攻撃性の抑制という長所と結びつくこともある。【作田 啓一】
【法律上の責任】

[民法における責任]
 民事責任は,契約上の債務不履行に基づく契約責任と,そのような関係にない一般第三者との間で生じる不法行為責任とに大別される。刑事責任との対比においては,民事責任の主要な機能は損害の塡補(てんぽ)にある。…

※「民事責任」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

民事責任の関連情報