コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際海事衛星機構 こくさいかいじえいせいきこう

2件 の用語解説(国際海事衛星機構の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際海事衛星機構
こくさいかいじえいせいきこう

インマルサット」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際海事衛星機構
こくさいかいじえいせいきこう
International Maritime Satellite Organization

国際移動通信衛星機構(IMSO)の前身。1979年に海上の安全確保のために静止衛星を利用した船舶通信サービスの提供を目的として設立された国際機関で、INMARSAT(インマルサット)と略称された。その後、船舶のみならず、航空機や陸上移動体にもサービスを提供するようになったことから、1994年12月に現在の名称に変更された。[高橋陽一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の国際海事衛星機構の言及

【インマルサット】より

…国際海事衛星機構International Maritime Satellite Organizationの略称。1979年に発効した〈国際海事衛星機構に関する条約〉によって設立された国際機関である。…

【国際通信】より

…また,アジア地域でのDTH需要をまかなうために1998年末にK‐TVと呼ばれる衛星が計画されており,極東地域からインドにかけてのサービスを開始することが予定されている。 1982年に設立された国際海事衛星機構(INMARSAT(インマルサット))は船舶通信をはじめとした海上,陸上,および航空移動通信に大きな役割を果たしてきているが,近く,民間の株式会社に改組される可能性も出てきている。このほか,ユーテルサット,アラブサット等の地域衛星,あるいはパンナムサット等の民間衛星も参入し,この分野での競争も活発な様相を示している。…

※「国際海事衛星機構」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone