コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際社会革命党「プロレタリアート」 こくさいしゃかいかくめいとうプロレタリアートMięsdzynarodowa Socjalno-Rewolucyjna Partia "Proletariat"

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際社会革命党「プロレタリアート」
こくさいしゃかいかくめいとうプロレタリアート
Mięsdzynarodowa Socjalno-Rewolucyjna Partia "Proletariat"

プロレタリアート党とも呼ばれる。ポーランドの最初の社会主義政党。1882年9月1日に L.ワリンスキらによって創立。主として会議王国ポーランド王国)と呼ばれたロシア領ポーランドで活動。勤労大衆による資本主義の打倒,労働者,農民,進歩的知識人の協力による社会主義の樹立を掲げ,独立のスローガンを否定し,国際的連帯,特にロシアの革命運動との連帯を強調した。宣伝文書の配布,抵抗基金の創設,ストライキの組織などがおもな活動内容であったが,1884年2月にロシアの「人民の意志(党)」と同盟を結んだあとは,テロリズムへの傾斜を示した。1883~84年おもな指導者が逮捕され,1886年夏に事実上活動を停止した。短命に終わったが,その先例は後代の社会主義者,特にポーランド王国・リトアニア社会民主党の指導者に大きな影響を及ぼした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

国際社会革命党「プロレタリアート」の関連キーワードプロレタリアート党

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android