コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会議王国 かいぎおうこくKongresówka; Congress Kingdom

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

会議王国
かいぎおうこく
Kongresówka; Congress Kingdom

ウィーン会議で成立したポーランドの王国 (1815~1915) 。 1812年ナポレオン1世のモスクワ遠征が失敗すると,ポーランドの地はロシア軍の占領下におかれたが,15年のウィーン会議の結果,あらためてロシア,プロシア,オーストリア3国に分割され,そのうちロシア領となったワルシャワ公国の領域を基礎に「会議王国 (ポーランド王国) 」が創設された。ロシア皇帝の保護のもと,自治国家として独自の憲法,議会,軍隊などをもったが,30年の十一月蜂起と 63年の一月蜂起の敗北で自治権の廃止,独立運動家のシベリア流刑と欧米への亡命,ポーランド文化の徹底的な弾圧をみ,64年には「ウィスワ河岸地方」に改名されてロシア領に再編。その後,ワルシャワを中心に展開した文化活動,独立運動,それに鉱工業の発展に伴って台頭した全国的規模の労働運動は,1905~07年の革命運動とも結合し,第1次世界大戦とロシア革命の過程で,この王国を基盤に,18年ポーランド共和国が成立した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の会議王国の言及

【ポーランド】より

…このフランスに頼るという構想に対抗して,ロシアでは皇帝アレクサンドル世を国王に戴くポーランド王国の再興という構想が,アダム・イェジ・チャルトリスキによって提案されていた。この構想が15年にウィーン会議において,会議王国Kongresówkaとして実現することになる。 なおウィーン会議では,さらにクラクフ共和国(ロシア,プロイセン,オーストリアの共同管理下に置かれ,1846年のクラクフ蜂起のあとオーストリア領に併合)とポズナン大公国(プロイセン王国内の自治領とされるが,1848年の蜂起のあと自治権を否認される)がワルシャワ公国領からつくられている。…

※「会議王国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

会議王国の関連キーワードポーランド王国・リトアニア社会民主党国際社会革命党「プロレタリアート」国民民主党[ポーランド]シフィエントホフスキウィエロポルスキドンブロフスキマウォポルスカポーランド史ポトツキ家ルブリンウッチラドム

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

会議王国の関連情報