コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際資源銀行 こくさいしげんぎんこうInternational Resource Bank; IRB

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際資源銀行
こくさいしげんぎんこう
International Resource Bank; IRB

1976年5月の第4回国連貿易開発会議 UNCTAD総会でアメリカのキッシンジャー国務長官が提案した構想。参加国の出資 (10億ドル) による資本金をもとに商品債券を発行して投資家に売り,その資金を資源開発プロジェクトに投資し,資源保有国,銀行,投資家の3者間でプロジェクト協定を締結して,投資家はこのプロジェクトから生産量の一定割合の確保をはかるもの。南側発展途上国が提唱する1次産品総合計画に対し,長期的な資源開発の促進をはかることによって消費国の資源供給確保を目指している。しかしこの総会で南側諸国は,民間出資という点が多国籍企業の擁護対策であり,1次産品総合計画の対立案であるとして,この構想を否決した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

国際資源銀行の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門ドナルド ヘンダーソン安野光雅アンリ鎌田慧ゴダール(Jean-Luc Godard)佐佐木幸綱ファスビンダーブルガリア文学ペブスナー(Nikolaus Bernhard Leon Pevsner)

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android