コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国領五一郎 こくりょう ごいちろう

2件 の用語解説(国領五一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国領五一郎 こくりょう-ごいちろう

1902-1943 大正-昭和時代前期の労働運動家。
明治35年12月20日生まれ。大正9年友愛会京都連合会に加入,翌年西陣織物労働組合の執行委員となる。創立直後の共産党にはいり,昭和3年モスクワでのプロフィンテルン大会に出席。帰国後に検挙され,懲役15年の判決をうけ,昭和18年3月19日獄中で死去。42歳。京都出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国領五一郎
こくりょうごいちろう
(1902―1943)

日本共産党創立期の指導者。明治35年12月20日、京都の西陣(にしじん)織物職人の家に生まれる。小学校卒業とともに織物工となり、働きながら独学。1920年(大正9)18歳のとき友愛会京都連合会に加入し、翌21年7月執行委員。そして22年、創立直後の日本共産党に入党した。総同盟分裂後、25年5月に日本労働組合評議会に加わり運動を指導し、28年(昭和3)2月にモスクワで開かれたプロフィンテルン第4回大会で日本代表として報告。同年5月に帰国し、三・一五事件後の党再建に尽力したが、10月に逮捕された。31年の三・一五=四・一六統一公判で労働運動分野を担当して代表陳述。懲役15年の刑を受けたが節を屈しなかった。しかし健康を破壊され、昭和18年3月19日、堺(さかい)刑務所の病舎で死去した。京都市左京区黒谷に碑がある。[梅田欽治]
『『国領五一郎・山本懸蔵著作集』(1963・日本共産党中央委員会出版部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国領五一郎の関連キーワード井上孝哉大井広小野重行小林寛治滝沢静子戸川篤次速水滉向仲寅之助吉田芳明若尾璋八

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone