コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国領五一郎 こくりょう ごいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国領五一郎 こくりょう-ごいちろう

1902-1943 大正-昭和時代前期の労働運動家。
明治35年12月20日生まれ。大正9年友愛会京都連合会に加入,翌年西陣織物労働組合の執行委員となる。創立直後の共産党にはいり,昭和3年モスクワでのプロフィンテルン大会に出席。帰国後に検挙され,懲役15年の判決をうけ,昭和18年3月19日獄中で死去。42歳。京都出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国領五一郎
こくりょうごいちろう
(1902―1943)

日本共産党創立期の指導者。明治35年12月20日、京都の西陣(にしじん)織物職人の家に生まれる。小学校卒業とともに織物工となり、働きながら独学。1920年(大正9)18歳のとき友愛会京都連合会に加入し、翌21年7月執行委員。そして22年、創立直後の日本共産党に入党した。総同盟分裂後、25年5月に日本労働組合評議会に加わり運動を指導し、28年(昭和3)2月にモスクワで開かれたプロフィンテルン第4回大会で日本代表として報告。同年5月に帰国し、三・一五事件後の党再建に尽力したが、10月に逮捕された。31年の三・一五=四・一六統一公判で労働運動分野を担当して代表陳述。懲役15年の刑を受けたが節を屈しなかった。しかし健康を破壊され、昭和18年3月19日、堺(さかい)刑務所の病舎で死去した。京都市左京区黒谷に碑がある。[梅田欽治]
『『国領五一郎・山本懸蔵著作集』(1963・日本共産党中央委員会出版部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

国領五一郎の関連キーワードレジスタンス文学太平洋戦争[各個指定]工芸技術部門マキノ雅広第2次世界大戦育英制度木下恵介呉昌征サン・テグジュペリザ・バンド

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone