コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土井聱牙 どい ごうが

2件 の用語解説(土井聱牙の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土井聱牙 どい-ごうが

1818*-1880 江戸後期-明治時代の儒者。
文化14年12月28日生まれ。伊勢(いせ)(三重県)津藩儒医土井橘窓の次男。石川竹厓,斎藤拙堂(せつどう)にまなぶ。藩校有造館の助教・講官をつとめ,佐幕を主張。明治2年督学。「資治通鑑(しじつがん)」を校訂出版した。明治13年6月11日死去。64歳。名は有恪。字(あざな)は士恭。通称は幾之助。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どいごうが【土井聱牙】

1817~1880) 江戸末・明治初期の漢学者・漢詩人。伊賀の人。名は有恪、字あざなは士恭、聱牙は号。斎藤拙堂に師事して津藩督学となり、詩文書画をよくして文宗と仰がれた。著「聱牙斎存稿」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

土井聱牙の関連キーワード紙幣整理ブラウンオランダ文学梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政高遠藩寄席

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone