石川竹厓(読み)いしかわ ちくがい

美術人名辞典の解説

石川竹厓

江戸後期の漢学者。石川丈山七世の長子。近江生。名は之褧、字は士尚、通称を貞一郎、竹厓は号。村瀬栲亭に学ぶ。津藩黌の講官となり、総督に至った。天保14年(1843)歿、51才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川竹厓 いしかわ-ちくがい

1794-1844 江戸時代後期の儒者。
寛政6年8月1日生まれ。村瀬栲亭(こうてい)に師事。伊勢(いせ)津藩主藤堂高兌(たかさわ)につかえ,文政3年(1820)藩校有造館の設立とともに講師,のち督学となる。天保(てんぽう)15年9月26日死去。51歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。名は之褧(しけい)。字(あざな)は士尚。通称は貞一郎。著作に「広益名物六帖(じょう)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android