コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土佐七色紙(なないろがみ)

1件 の用語解説(土佐七色紙(なないろがみ)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

土佐七色紙(なないろがみ)

かつて土佐国(現在の高知県)で生産されていた和紙。「土佐和紙」のひとつ。柿色・黄・紫・桃色・萌黄(薄緑)・浅黄(薄青)・青の七色に染め上げた染紙で、徳川幕府にも献上された特産品。現代には製法が伝わっていない。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の土佐七色紙(なないろがみ)の言及

【土佐紙】より

…紙祖は紀貫之であるとの伝記もあるが,《延喜式》に土佐が主要な産紙国の一つにあげられていることからも,それ以前から製紙が行われていたと考えられる。江戸時代初期にすでに土佐七色紙は全国的に知られていた。《紙譜》(1777)が刊行されるころには,越前,美濃と並んで三大産地の一つになっていた。…

※「土佐七色紙(なないろがみ)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土佐七色紙(なないろがみ)の関連キーワード土佐土佐酢土佐煮土佐醤油土佐鷹新高高知県土佐郡土佐町田井高知県土佐郡高知県土佐市

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone