コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土光臨調 ドコウリンチョウ

デジタル大辞泉の解説

どこう‐りんちょう〔ドクワウリンテウ〕【土光臨調】

土光敏夫が会長をつとめた第2次臨時行政調査会の通称。昭和56年(1981)に設置され昭和58年(1983)に解散するまで5次にわたって答申を提出。「増税なき財政再建」の方針のもと、行政組織の見直しによる歳出削減、三公社の民営化などを推進した。→三公社五現業

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android