コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土光敏夫 どこうとしお

6件 の用語解説(土光敏夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土光敏夫
どこうとしお

[生]1896.9.15. 岡山
[没]1988.8.4. 東京
経営者。1920年,東京高等工業機械科を卒業,石川島造船所に入社。1936年,石川島芝浦タービンに移り,常務,専務を経て 1946年社長に就任。1950年には経営難に陥った石川島重工業に社長として復帰し,同社の再建に尽力する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どこう‐としお〔ドクワウとしを〕【土光敏夫】

[1896~1988]実業家。岡山の生まれ。経営難に陥った石川島重工業や東京芝浦電気(現東芝)などの社長を歴任、再建を成功させた。昭和49年(1974)経団連会長に就任。昭和56年(1981)には第二次臨時行政調査会土光臨調)会長となり、行政改革に取り組んだ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

土光敏夫【どこうとしお】

実業家。岡山県生れ。東京高等工業学校卒。1950年石川島重工業社長となって経営再建にあたり,1960年合併により石川島播磨重工業社長,1964年会長。1965年経営不振の東京芝浦電気社長に招かれ,1972年会長。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土光敏夫 どこう-としお

1896-1988 昭和時代の経営者。
明治29年9月15日生まれ。戦後,石川島重工業,石川島播磨(はりま)重工業,東京芝浦電気(現東芝)などの社長を歴任。「ミスター合理化」とよばれる徹底した合理主義者。昭和49年経団連会長。56年から第2次臨時行政調査会会長もつとめ,「増税なき財政再建」と行政改革をうったえた。昭和63年8月4日死去。91歳。岡山県出身。東京高工(現東京工業大)卒。
【格言など】個人は質素に,社会は豊かに。思想(おもい)は高く,暮しは低く(信条)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

どこうとしお【土光敏夫】

1896~1988) 実業家。岡山県生まれ。東京高等工業卒。石川島播磨重工業、東京芝浦電気などを経営。経団連会長・行政改革審議会会長なども務めた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土光敏夫
どこうとしお
(1896―1988)

経営者、財界人。岡山県御津(みつ)郡大野村(現、岡山市北区)に生まれる。1920年(大正9)東京高等工業学校(現、東京工業大学)機械科を卒業し、石川島造船所入社。1936年(昭和11)石川島芝浦タービン技術部長、1946年(昭和21)同社社長。1950年石川島重工業に社長として復帰、1960年石川島播磨(はりま)重工業(現IHI)社長、1964~1972年会長。1965年東京芝浦電気(現、東芝)の社長に就任し再建に努力、1972年会長となる。1968年経済団体連合会(現、日本経済団体連合会)副会長、1974年経団連第4代会長として「行動する経団連」を実践(名誉会長)。1981年第二次臨時行政調査会会長となり、行革問題に取り組むほか、橘学苑(たちばながくえん)(中・高校)理事長として女子教育に尽力。「簡素」「シンプル・ライフ」が信条。[浅野俊光]
『『私の履歴書』(1983・日本経済新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の土光敏夫の言及

【疑獄】より

…〈疑獄〉という言葉は,元来入獄させるか否かが明確でなく,犯罪事実があいまいな事件を意味する。この種の事件は多かれ少なかれ政・官・財界に波及するため,現在では政治問題化した利権関係事件の総称となっている。政治問題として社会的に大きく取りあげられ,ジャーナリズムによる声高な批判を代償として,刑事事件としては訴追されることがきわめて少ないのが疑獄事件の特徴といってよい。 明治初期においては,山県有朋が関与したといわれる山城屋事件など,藩閥政府と政商とが特権の供与をめぐって直接結びついたケースがあり,多くは表沙汰にならなかった。…

【経済団体連合会】より

…1957‐68),植村甲午郎(元,石炭統制会理事長。1968‐74),土光敏夫(元,石川島播磨重工業社長。1974‐80),稲山嘉寛(元,新日本製鉄社長。…

※「土光敏夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土光敏夫の関連キーワード岩崎あい太田垣士郎川勝伝河崎邦夫田中百畝内藤雅喜平井泰太郎福田千里宮脇先和田完二

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土光敏夫の関連情報