コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨時行政調査会 りんじぎょうせいちょうさかい

3件 の用語解説(臨時行政調査会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臨時行政調査会
りんじぎょうせいちょうさかい

行政改革のため,内閣総理大臣諮問機関として設置された審議会。略称は臨調。1961~64年まで池田内閣のもとに置かれた第1次臨調と,1981~83年まで鈴木内閣中曽根内閣のもとに置かれた第2次臨調とがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りんじ‐ぎょうせいちょうさかい〔‐ギヤウセイテウサクワイ〕【臨時行政調査会】

行政の適正・合理化について調査・審議するために旧総理府に設置された諮問機関。第一次(会長・佐藤喜一郎)は昭和37年(1962)から昭和39年(1964)、第二次(会長・土光敏夫)は昭和56年(1981)から昭和58年(1983)にかけて行われた。臨調。→臨時行政改革推進審議会
[補説]第二次臨時行政調査会は「土光臨調」「第二臨調」と略称される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臨時行政調査会
りんじぎょうせいちょうさかい

総理府の附属機関。1962年(昭和37)11月から1964年9月までの間設けられたもの(第一次臨調)と、1981年(昭和56)3月に発足し1983年に解散したもの(第二次臨調)がある。第一次臨調は、行政運営の総合化、効率化、能率化といった行政の方法の改革に重点を置いたが、第二次臨調は、行政の施策、体系の基本的あり方や内容、体制の改革に主たるねらいを置き、そのため第五次の答申まで行った。[平田和一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の臨時行政調査会の言及

【行政改革】より

…1962年池田勇人内閣下に臨時行政調査会が設置されて以来広く一般に流布した概念であるが,その内容はあいまいであるため,行政改革が企てられるたびごとに,行政改革とはいかなるものであるべきかが論争の種となっている。しかし,通常このことばにこめられている意味を整理すれば以下のようにいえよう。…

【労働運動】より

…資本主義社会において,労働者階級が労働条件や生活条件の改善を通じてその経済的・政治的・社会的地位の向上を目ざす運動の総称。 労働運動は,資本主義の発展に照応して変化しつつ発展する。資本主義の発展がそもそも国によって不均等であり,階級構成や権力構造も異なるので,各国における労働運動の発展も一様ではない。イギリスでは資本主義がいち早く成立し,農民層の分解が徹底して行われたので,労使の関係も早くから明確な対立関係という形をとった。…

※「臨時行政調査会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

臨時行政調査会の関連キーワード審議中央教育審議会日本農林規格法制審議会税務行政の適正手続委員会司法制度改革審議会金融審議会食生活状況調査産業合理化審議会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

臨時行政調査会の関連情報