コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土居香国 どい こうこく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土居香国 どい-こうこく

1850-1921 明治-大正時代の漢詩人。
嘉永(かえい)3年8月18日生まれ。逓信省にはいり,東京郵便電信局長などをつとめる。森槐南(かいなん)のあとをうけて随鴎吟社を主宰,雑誌「随鴎集」を編集した。大正10年12月13日死去。72歳。土佐(高知県)出身。本姓は越智。名は通予。字(あざな)は子順。通称は莞爾,竜輔。作品に「仙寿山房詩文鈔」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

土居香国の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android