コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土屋永輔 つちや えいほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土屋永輔 つちや-えいほ

?-1820* 江戸時代後期の連歌師。
江戸の阪昌文にまなぶ。郷里の佐渡(新潟県)にかえって連歌をおしえ,奉行所付の連歌師となる。寛政6年京都の里村昌逸に入門。翌年江戸城内での連歌会の臨時御連衆(ごれんじゅ)に列した。文政2年12月2日死去。60歳余とされる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

土屋永輔の関連キーワード土屋昌仙