土屋竹雨(読み)つちや ちくう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土屋竹雨 つちや-ちくう

1887-1958 大正-昭和時代の漢詩人。
明治20年4月10日生まれ。大須賀筠軒(いんけん),国分青厓(こくぶ-せいがい)らにまなぶ。昭和3年芸文社を設立して「東華」を創刊。24年大東文化大学長となる。芸術院会員。昭和33年11月5日死去。71歳。山形県出身。東京帝大卒。本名は久泰。字(あざな)は子健。著作に「日本百人一詩」,詩集に「猗廬(いろ)詩稿」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android