コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大須賀筠軒 おおすが いんけん

1件 の用語解説(大須賀筠軒の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大須賀筠軒 おおすが-いんけん

1841-1912 幕末-明治時代の漢学者。
天保(てんぽう)12年生まれ。神林復所(かんばやし-ふくしょ)の次男。昌平黌(しょうへいこう)にまなび,安積艮斎(あさか-ごんさい)に師事。帰郷後,陸奥(むつ)平藩(福島県)藩校佑賢堂の頭取となる。維新後は福島師範の教師,二高の教授などをつとめる。詩文をよくした。大正元年8月28日死去。72歳。名は履。字(あざな)は子泰。通称は次郎。別号に鴎渚,舟門。著作に「牛蠱行(うしのこくまいり)」「筠軒詩稿」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大須賀筠軒の関連キーワード天保の改革光の科学史ブリンクリーバーブ明治天皇大正バルカン戦争ウィリアムHハリソン田代毅軒名見崎徳治(3代)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone