土左衛門(読み)ドザエモン

デジタル大辞泉の解説

どざえもん〔ドザヱモン〕【土左衛門】

《ふくれあがった水死体を、享保(1716~1736)ころの江戸の力士成瀬川(なるせがわ)土左衛門の色白の肥満体に見立てて言いだしたものという》おぼれて死んだ人のからだ。水死体。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どざえもん【土左衛門】

〔享保(1716~1736)の頃の力士成瀬川土左衛門が太っていて肌が白かったのを溺死者のようだといったことからという〕
溺死者。水死体。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どざえもん ドザヱモン【土左衛門】

〘名〙
① ひじょうに太っている人。
※洒落本・契国策(1776)南方「いまのせた土左ヱ門めはしっかりもののくせにつぶろくで」
溺死者の死体。
※雑俳・柳多留‐六(1771)「三みせんをにぎってのぞく土左ゑ門」
③ 役に立たない人。〔新撰大阪詞大全(1841)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android