コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土肥遠平 どひ とおひら

2件 の用語解説(土肥遠平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土肥遠平 どひ-とおひら

?-? 平安後期-鎌倉時代の武将。
土肥実平(さねひら)の子。相模(さがみ)(神奈川県)早川荘を領した。治承(じしょう)4年(1180)源頼朝の挙兵に父とともに参加。石橋山の戦いに敗れた頼朝が安房(あわ)(千葉県)に脱出したことを北条政子(まさこ)に知らせた。のち平氏追討のため西下,功により安芸(あき)(広島県)沼田荘(ぬたのしょう)の地頭となる。子孫は小早川を称した。通称は弥太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

土肥遠平

生年:生没年不詳
鎌倉前期の武将。実平の子。相模国(神奈川県)早河庄を領有し,庄名より小早河とも称す。父と共に源頼朝の挙兵に参加。勲功により安芸国(広島県)沼田庄地頭職を拝領。孫の茂平の代より沼田庄に移住し,戦国大名小早川氏へと発展していく。

(三田武繁)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の土肥遠平の言及

【土肥氏】より

…相模国土肥郷を本領とする中世武家。桓武平氏の流れをくむ相模国西部の雄族中村氏の一族で,中村荘司宗平の次男実平が土肥郷を分領して名字の地としたことにはじまる。実平はその子遠平とともに源頼朝の挙兵に参じ,鎌倉幕府開創期にめざましい勲功をあげた。そのため鎌倉御家人の中でもその地位は高く,所領経営の面でも土肥郷に北接する早河荘を支配下に入れるなど,その勢力は日増しに拡大した。しかし1213年(建保1)の和田合戦で,遠平の子惟平が同族の土屋氏らとともに和田方にくみしたため,惟平の子息2人は討死し惟平も捕らえられたのち斬首となって,老いた遠平がようやく本領を維持したものの,一族の衰退は覆いようもなかった。…

※「土肥遠平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土肥遠平の関連キーワード岡部忠澄俊海薗田成重土屋宗遠土肥実平妻本田次郎前野重純正恒(2)毛呂季光頼円(2)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone