コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土肥実平 どひさねひら

8件 の用語解説(土肥実平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土肥実平
どひさねひら

鎌倉時代の武士。相模国土肥郷を本拠とする鎌倉御家人。もと平氏。源頼朝の挙兵に応じ石橋山の戦いには頼朝の危機を救い,以後源平合戦奥州征伐に功を立て,備前,美作,備中,備後,播磨などの守護に任じられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どひ‐さねひら【土肥実平】

鎌倉初期の武将。相模土肥荘に住み、土肥次郎と称した。源頼朝の挙兵、石橋山の合戦などで戦功をあげ、奥州征伐や頼朝上洛にも随行した。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土肥実平 どひ-さねひら

?-? 平安後期-鎌倉時代の武将。
中村宗平(むねひら)の子。相模(さがみ)(神奈川県)土肥郷の地頭。治承(じしょう)4年(1180)源頼朝の挙兵に応じ,石橋山の戦いに敗れた頼朝の危急をすくう。平氏追討に功をたて,備前,備中(びっちゅう),備後(びんご)の惣追捕使(のちに守護)に任じられた。通称は次郎。

土肥実平 どい-さねひら

どひ-さねひら

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

土肥実平

生年:生没年不詳
平安末・鎌倉初期の武将。相模国(神奈川県)土肥郷が本領。桓武平氏の中村庄司宗平の子。治承4(1180)年,源頼朝の招きに応じて挙兵に参加。石橋山の敗戦の際には機転をきかせて頼朝の危機を救い,安房国(千葉県)への脱出に成功。その後,源義仲討滅戦や平家追討戦では侍大将を務めるとともに,元暦1(1184)年には備前,備中,備後3カ国の惣追捕使に任ぜられて占領地の軍政にも当たるなど,頼朝からその軍事的能力を高く買われている。またその質素な生活ぶりも頼朝に讃えられており,東国武士を代表する人物のひとりであった。<参考文献>石井進『中世武士団』

(三田武繁)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

どひさねひら【土肥実平】

平安末・鎌倉初期の武士。生没年不詳。中村荘司宗平の次男。相模国土肥郷を領し土肥氏の祖となる。源頼朝の挙兵にいちはやく参じ,石橋山で敗れた頼朝の逃走路を開いた功によって以後重用された。源範頼・義経の平氏追討軍の侍大将,ついで平氏西走後の備前・備中・備後国の惣追捕使に任ぜられて,戦後処理と国衙機構の整備にあたった。1191年(建久2)をさほど下らぬ時期に没した。【外岡 慎一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どひさねひら【土肥実平】

平安末・鎌倉初期の武将。相模土肥郷の人。通称、次郎。源頼朝の挙兵に参加し、以後その重臣として活躍、平家追討で源義経・源範頼を補佐して戦功をあげた。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土肥実平
どいさねひら

生没年不詳。平安末・鎌倉初期の武将。本来は「どさねひら」と読む。平高望(たかもち)の後裔(こうえい)、中村荘司宗平(むねひら)の息。相模(さがみ)国足下(あしのしも)郡土肥郷(神奈川県湯河原(ゆがわら)町、真鶴(まなづる)町)を本拠とし土肥次郎と称す。1180年(治承4)源頼朝(よりとも)の挙兵に参加、石橋山(いしばしやま)の敗戦後、頼朝を真鶴岬から安房(あわ)に逃し、再起のもとをつくった。以来頼朝に重用され、佐竹(さたけ)氏・木曽義仲(きそよしなか)・平氏征討に奮戦。84年(元暦1)には備前(びぜん)・備中(びっちゅう)・備後(びんご)国の惣追捕使(そうついぶし)に任ず。翌年平氏が壇ノ浦に滅ぶと、捕虜平宗盛(むねもり)らを京都に護送、源義経(よしつね)没落直後の洛中(らくちゅう)警衛の任にもあたったが、91~95年(建久2~6)に死亡した。[杉橋隆夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の土肥実平の言及

【土肥氏】より

…相模国土肥郷を本領とする中世武家。桓武平氏の流れをくむ相模国西部の雄族中村氏の一族で,中村荘司宗平の次男実平が土肥郷を分領して名字の地としたことにはじまる。実平はその子遠平とともに源頼朝の挙兵に参じ,鎌倉幕府開創期にめざましい勲功をあげた。そのため鎌倉御家人の中でもその地位は高く,所領経営の面でも土肥郷に北接する早河荘を支配下に入れるなど,その勢力は日増しに拡大した。しかし1213年(建保1)の和田合戦で,遠平の子惟平が同族の土屋氏らとともに和田方にくみしたため,惟平の子息2人は討死し惟平も捕らえられたのち斬首となって,老いた遠平がようやく本領を維持したものの,一族の衰退は覆いようもなかった。…

【備後国】より

…1166年(仁安1)平重衡(しげひら)が後白河院に寄進して大田荘が成立すると,68年尾道村を大田荘の倉敷地(くらしきち)とする申請が認められ,尾道が港町として栄える基ができた。【坂本 賞三】
【中世】

[鎌倉時代]
 1184年(寿永3)源頼朝は土肥実平(どひさねひら)を備前,備中とともに備後の守護に任じ,備後には実平の男遠平(とおひら)が代官として在国した。実平が知行した大田荘は,争乱の間に損亡がひどく,ほとんど荒野となったといわれる。…

※「土肥実平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土肥実平の関連キーワード神奈川県海老名市神奈川県鎌倉市大船神奈川県鎌倉市鎌倉山神奈川県相模原市南区相模大野神奈川県相模原市緑区田名神奈川県相模原市緑区中野神奈川県相模原市緑区三井神奈川県相模原市緑区与瀬糟屋有久中村宗平

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone