コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土蛍の洞窟 つちぼたるのどうくつ

1件 の用語解説(土蛍の洞窟の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

つちぼたるのどうくつ【土蛍の洞窟】

ニュージーランド南島最大の湖テアナウ湖岸にある、ツチボタルが生息する洞窟。土地のマオリには昔から知られていたが、1887年にイギリス人測量技師によって調査報告書が政府に提出されると、その神秘的な光景を見学するツアーが始まった。洞窟は、つらら石と石筍があるだけの大きな洞穴だが、ボート漕ぎ出すと地底の滝などがあり、目が暗闇に慣れるにつれ、周囲にはかすかに光が川のように輝いているのが見えてくる。無数のホタルが放つ幻想的な青い光は圧巻といわれる。写真撮影は禁止されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土蛍の洞窟の関連キーワードクック山ニュージーランド亜区とうほくニュージーランド村ロトルア・ニュージーランドマラソンニュージーランドマアジニュージーランド・ハンタウェイテ・アナウ[湖]ワカティプ[湖]ニュージーランド馬衣 (New Zealand rug)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone