圧条(読み)アツジョウ

大辞林 第三版の解説

あつじょう【圧条】

苗木の取り方の一。果樹などの木の枝を押し曲げて土に埋め、発根させたあと、親木から切り離して苗木とするもの。取り木。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あつ‐じょう ‥デウ【圧条】

〘名〙 苗木をとる方法の一つ。草や木の、枝または新梢(しんしょう)を押し曲げて、親木についたままで土の中に埋め、その箇所から根が生えた後、親木と切り離して、苗木を得る。とり木。圧枝。取枝。
※牙氏初学須知(1875)〈田中耕造訳〉四「無花果樹の一類あり、其枝垂れて地に達し、根を生じ幹と為りて枝を生じ、其枝復垂れて、根を生じ幹と為り、恰も天然の圧条の如く、一樹にして林をなすに至る」
[補注]「名物六帖」に「圧条 トリキヲスル〔花鏡〕分栽圧条」とある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android