臼井吉見(読み)うすいよしみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臼井吉見
うすいよしみ

[生]1905.6.17. 長野,三田
[没]1987.7.12. 東京
評論家。松本高等学校を経て,1929年東京大学国文学科を卒業。中学,師範学校教師をつとめたが,40年古田晁筑摩書房の創業に参加した。第2次世界大戦中,43年に応召。敗戦の翌年 46年から 71年まで筑摩書房で雑誌『展望』を編集,かたわら文芸評論の筆をとり,多彩な活躍ぶりをみせた。評論集『戦後』 (12巻,1965~66) がある。その後,小説にも手を染め,長野と東京を舞台に日本の近代史の転変を描いた大河小説『安曇野 (あずみの) 』 (64~73) を完成した。 77年小説『事故のてんまつ』 (川端康成がモデル) で裁判となったが和解。天皇制をとらえた『獅子座』 (6部構成) は未完。『臼井吉見集』 (5巻,85) がある。芸術院会員

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うすい‐よしみ〔うすゐ‐〕【臼井吉見】

[1905~1987]編集者・文芸評論家小説家。長野の生まれ。筑摩書房創立に参加、「展望」編集長として活躍。「近代文学論争」で昭和31年度(1956)芸術選奨。他に長編小説安曇野(あずみの)」、川端康成の死をモデルとした「事故のてんまつ」など。芸術院会員。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

臼井吉見【うすいよしみ】

文芸評論家。長野県生れ。東大国文科卒。唐木順三らとともに,松本中学時代からの友人古田晁の筑摩書房創立に協力。戦後いち早く創刊された《展望》編集長となり,1951年の休刊まで,意欲的な編集を続けた。中野重治《五勺の酒》,太宰治《ビヨンの妻》,井伏鱒二《遥拝隊長》などの小説作品を掲載したほか,評論も重視する編集方針をとり,自身も〈展望〉欄で卓抜な発言を続けた。その後は主に近代文学関係の活発な評論活動を展開。1956年,《近代文学論争》上巻で第7回芸術選奨文部大臣賞,1974年,大河小説《安曇野》で第10回谷崎潤一郎賞を受賞。また1979年,日本芸術院会員。そのほか,《人間と文学》《うた》《事故のてんまつ》など。評論集《戦後》全12巻,《臼井吉見集》全5巻。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

臼井吉見 うすい-よしみ

1905-1987 昭和時代の編集者,評論家。
明治38年6月17日生まれ。昭和15年筑摩書房の創立に参加。「展望」編集長をつとめ,「現代日本文学全集」「現代教養全集」などの企画も誕生させた。文芸評論,社会時評,国文学,小説などの分野でも活躍。芸術院会員。昭和62年7月12日死去。82歳。長野県出身。東京帝大卒。著作に「近代文学論争」「安曇野(あずみの)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うすいよしみ【臼井吉見】

1905~1987) 評論家・小説家。長野県生まれ。東大卒。雑誌「展望」初代編集長。文明批評・文学論を展開。評論「蛙のうた」「小説の味わい方」、小説「安曇野」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臼井吉見
うすいよしみ
(1905―1987)

評論家。長野県南安曇(あずみ)郡三田村(現安曇野(あづみの)市)に生まれる。1929年(昭和4)東京帝国大学国文科卒業後、中学教師を経て筑摩(ちくま)書房創立に参加。第二次世界大戦後は同書房発刊の『展望』編集長として活躍し、文壇、論壇に新風を吹き込む。そのかたわら評論活動も旺盛(おうせい)で『近代文学論争』(1956)は56年度(昭和31)芸術選奨受賞作となった。このほかに『大正文学史』(1959)、『蛙のうた』(1965)などがある。また長編小説五部作『安曇野』(1964~73。谷崎潤一郎賞受賞)や、川端康成の死をモデルにし、物議を醸した『事故のてんまつ』(1975)などの作品活動も世評高い。[松本鶴雄]
『『安曇野』全5巻(1965~74・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の臼井吉見の言及

【展望】より

…創作欄にも中野重治,宮本百合子,太宰治,大岡昇平らの力作や新人椎名麟三を登場させるなど好調なすべり出しをみせた。とくに編集者臼井吉見執筆の〈展望〉欄はその鋭鋒が評判となったが,母体の経営不振から51年9月号で休刊。64年10月号よりいったんは復刊したものの,これも78年筑摩書房倒産のため再び休刊となった。…

※「臼井吉見」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android