在方・有形(読み)ありかた

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 存在の仕方。現在あるありさま。ありがたち。あるかたち。
※書紀(720)清寧三年九月(図書寮本訓)「臣、連を遣して、風俗(おほむたからのアリカタ)を巡省(めぐりみ)しむ」
※書紀(720)景行二七年一二月(寛文版訓)「熊襲国に到る。因て其の消息(あるかたち)及び地形(くにかた)の嶮易(アリカタ)を伺(み)る」
② あるべきすがた。物事がどうあるべきかということ。
※短歌への訣別(1946)〈臼井吉見〉「我々の日常生活における『思想』のありかた」
③ 従来あった形。
※金色夜叉(1897‐98)〈尾崎紅葉〉続「鰐淵が居宅は、〈略〉其跡に改築せられぬ。有形(アリガタ)よりは小躰(こてい)に、質素を旨としたれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android