コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在明の別れ ありあけのわかれ

百科事典マイペディアの解説

在明の別れ【ありあけのわかれ】

鎌倉時代物語の1つ。作者不明。《無名草子》に〈今の世の物語〉とあるから,《無名草子》成立時の1200年ころを遠く遡らない時期の成立である。〈男装〉〈隠身の術〉など,発想の大枠を先行物語《とりかへばや物語》《隠れ蓑(みの)》に多く依っている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

在明の別れの関連キーワード左大臣

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android