コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠れ蓑 カクレミノ

デジタル大辞泉の解説

かくれ‐みの【隠れ×蓑】

着ると姿を隠すことができるという蓑。鬼や天狗の持ち物とされる。
実体を隠すための手段。「税金逃れの隠れ蓑に別名義の会社を作る」
ウコギ科の常緑小高木。沿岸地に自生。葉は互生し、厚く光沢があり、卵形若木では五つに裂けているものが多い。夏、淡黄色の小花をつけ、実は黒く熟す。関東以南に分布樹液を黄漆といい、家具塗料に用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かくれみの【隠れ蓑】

身につけると姿が消えるという想像上の蓑。鬼や天狗の持ち物とされる。
人の目をあざむくために使う、表向きの名目など。 「村起こしを-に乱開発する」
ウコギ科の常緑小高木。高さ6メートルほど。暖地に生える。葉は光沢があり、普通、広倒卵形、若木では深く五裂。夏、枝端に淡黄緑色の小花を一〇個内外散形につけ、秋に楕円形で黒熟する液果を結ぶ。庭木として栽植。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

隠れ蓑の関連キーワード四か国条約(しかこくじょうやく)宝尽くし・宝尽しジークフリート打ち出の小槌節分(狂言)アシエント宝づくし文ショップ制ペルセウス在明の別れCongo目無し経バース党透明人間隠れ蓑笠税金逃れ楕円形宝尽し表向き実体

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隠れ蓑の関連情報