在来木造工法(読み)ざいらいもくぞうこうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

従来から日本に伝わる木造による小規模住宅の工法。現在でも一戸建住宅では依然として主流ながら,プレハブ工法ツーバイフォー工法進出により,全体の半分以下になっている。木でできた土台などを建物の軸組みにして力をもたせる軸組工法であるため,地震の際にも震動をうまく逃がすといわれるなど,日本の気候風土にあった工法となっている。さらに設計の自由度が高く増改築も容易である。ただし,住生活の変化や新建材の利用で,在来工法といえども変化しプレハブ工法に近い建て方もある。社団法人日本木造住宅産業協会では在来木造住宅を見直すため,高品質木造住宅の認定制度を設け普及に努めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android