コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地の文 ジノブン

デジタル大辞泉の解説

じ‐の‐ぶん〔ヂ‐〕【地の文】

文章や語り物などで、会話以外の説明や叙述の部分をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じのぶん【地の文】

小説や戯曲などで、会話や引用などを除いた文章。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の地の文の言及

【地】より

…万物の存在の基盤としての大地。転じて〈地色〉〈地の文〉のように本来のもの,基本的なものを指す語ともなる。このうち土地についてみると,8~9世紀に〈地〉は見開(げんかい)(現に開かれている土地)・未開を問わず,田,畠,野,山,浜などの地種をふくむ大地そのものを指す語として使われている。…

※「地の文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

地の文の関連キーワード異文化インターフェース管理アードルフ バスティアンメキシコ国立人類学博物館イブン・アブド・ラッビフ居酒屋(ゾラの小説)ヤダナー・チェーモンハリルツァー・ドーコーヒー三角地帯ホープウェル文化バスティアン浪花亭 駒吉国書総目録浪花亭駒吉堀川新三郎香川 昌子雅俗折衷体応用人類学雅俗折衷文クーランテケリア

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地の文の関連情報