地上誘導着陸装置(読み)ちじょうゆうどうちゃくりくそうち

百科事典マイペディア「地上誘導着陸装置」の解説

地上誘導着陸装置【ちじょうゆうどうちゃくりくそうち】

ground controlled approachの訳。略してGCA。雲や霧で視界不良のとき,レーダーにより航空機の着陸を誘導する装置。飛行場の指令所で空港監視レーダー精測進入レーダーを見つつ,無線により操縦士に指示,滑走路の延長線上の降下進入経路に航空機を誘導,着陸させる。現在は民間航空用としては,ほとんど計器着陸装置に置き換えられている。
→関連項目GCA

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「地上誘導着陸装置」の解説

地上誘導着陸装置
ちじょうゆうどうちゃくりくそうち

GCA

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の地上誘導着陸装置の言及

【航空保安無線施設】より

…(2)の着陸のための精密誘導装置としては,主として軍用のGCA(ground controlled approachの略。地上誘導着陸装置ともいう)と民間用のILSなどがある。前者はレーダーによって滑走路延長線上の垂直面と水平面の航空機の位置をとらえ,管制官が機首方位と所定の軌線からの偏位を無線電話でパイロットに伝えて誘導する方式である。…

※「地上誘導着陸装置」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android