コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地上誘導着陸装置 ちじょうゆうどうちゃくりくそうち

2件 の用語解説(地上誘導着陸装置の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

地上誘導着陸装置【ちじょうゆうどうちゃくりくそうち】

ground controlled approachの訳。略してGCA。雲や霧で視界不良のとき,レーダーにより航空機の着陸を誘導する装置。飛行場の指令所で空港監視レーダー精測進入レーダーを見つつ,無線により操縦士に指示,滑走路の延長線上の降下進入経路に航空機を誘導,着陸させる。
→関連項目GCA

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の地上誘導着陸装置の言及

【航空保安無線施設】より

…(2)の着陸のための精密誘導装置としては,主として軍用のGCA(ground controlled approachの略。地上誘導着陸装置ともいう)と民間用のILSなどがある。前者はレーダーによって滑走路延長線上の垂直面と水平面の航空機の位置をとらえ,管制官が機首方位と所定の軌線からの偏位を無線電話でパイロットに伝えて誘導する方式である。…

※「地上誘導着陸装置」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

地上誘導着陸装置の関連キーワードSCR黄金分割GCAGEMAPフィッシングCVCCNADGEグランドスピード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone