コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航空保安無線施設 こうくうほあんむせんしせつ aeronautical radio‐navigation aid

1件 の用語解説(航空保安無線施設の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうくうほあんむせんしせつ【航空保安無線施設 aeronautical radio‐navigation aid】

電波を利用して,航行する航空機の位置の測定の援助や針路誘導を行うために地上に設置される施設。最近の航空機には慣性航法システムのように機上装備のみで航法を行い,地上からの援助を必要としないものもあるが,慣性航法はおもに長距離の洋上航法などに用いられる。陸上や中・短距離の航法には地上の無線局からの電波が利用され,とくに多くの航空機を安全に効率よく航空路を飛行させるための航空交通管制システムにとっては主要な施設である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

航空保安無線施設の関連キーワード航行衛星電波航法電波標識空路航行ラジオコンパスASRオメガシステム国内航空傷害保険ラジオナビゲーション

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone