地先(読み)ジサキ

大辞林 第三版の解説

じさき【地先】

居住地や村落に近いこと。また、近い場所。 「 -の海」

ちさき【地先】

その場所の近く。村落や住居などの近く。じさき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐さき ヂ‥【地先】

〘名〙 (「ちさき」とも)
① 居住地・所有地または耕作地と地続きの地で、反別も石高もなく、自由に使える土地。
※徳川地方裁判例‐二・嘉永六年(1853)作州田熊上村外三箇村と同国河面村入会山出入吟味伺書「訴訟方四ケ村は〈略〉田畑左右に地先と唱、縄外の地所有之、地主進退秩刈取、田肥又は牛馬飼草にも用ひ、立木は年貢足合にいたし来」
② 自分が所有している土地。私有地。
※歌舞伎・恋闇鵜飼燎(1886)序幕「地先(ヂサキ)の者の困るのをどうも見ては居られぬから、そこで私が引受けました」

ち‐さき【地先】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地先の関連情報