コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地先 ジサキ

デジタル大辞泉の解説

じ‐さき〔ヂ‐〕【地先】

その場所の近く。「地先の河原」
江戸時代、自分の所有地・居住地などと地続きで、石高と関係なく自由に使える土地。

ち‐さき【地先】

その土地から先へつながっている場所。じさき。「地先水面」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じさき【地先】

居住地や村落に近いこと。また、近い場所。 「 -の海」

ちさき【地先】

その場所の近く。村落や住居などの近く。じさき。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

地先の関連キーワード青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸日本郵船歴史博物館 日本郵船氷川丸水主浦・舸子浦・加子浦壱岐妻ヶ島海域公園地区地先漁場地元主義沖縄戦跡国定公園日ソ漁業暫定協定大浜(熊本県)京葉工業地域飯田川[町]東串良[町]荒川放水路磯の口明け金沢嘉兵衛琴丘[町]外房あわび漁業制度入会漁場沖合漁業豊予海峡

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地先の関連情報