コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地取り ジトリ

デジタル大辞泉の解説

じ‐とり〔ヂ‐〕【地取り】

能や狂言で、演者次第4を謡ったあと、地謡(じうたい)などが低い声で棒読みのように同じ文句を繰り返すこと。また、その謡。

じ‐どり〔ヂ‐〕【地取り】

家を建てるときなどに、地面の区画割りをすること。
囲碁で、地を取ること。
相撲で、自分の属する部屋の土俵でとるけいこ相撲。
葬儀に用いる紙の造花紙花(かみばな)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

地取り

現場周辺の聞き込みのこと。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

じどり【地取り】

家を建てるときに、地所の区画割りをすること。
囲碁で、地を取ること。
葬儀に用いる紙製の花。紙花かみばな
相撲で、所属の部屋でする稽古。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

地取りの関連キーワード三ツ寺I遺跡レイアウト平和運動質地騒動小作争議地主制耕作権土俵相撲地謡囲碁徳政地所紙製

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地取りの関連情報