コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙花/紙纏頭 カミバナ

3件 の用語解説(紙花/紙纏頭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かみ‐ばな【紙花/紙纏頭】

(紙花)紙製の造花。特に、葬儀に用いるもの。死花花(しかばな)。地取(じど)り。野花(のはな)。紙幣(しべい)。
(紙纏頭)遊里などで、遊女などに祝儀として与える白紙。後日、現金に換える。
「ひらり―七、九寸、木枕に打ち敷いて」〈浄・阿波鳴渡

し‐か〔‐クワ〕【紙花】

紙で作った花。特に、葬儀に用いる造花。かみばな。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone