コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地図表現 ちずひょうげん cartographic representation (generalization)

1件 の用語解説(地図表現の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地図表現
ちずひょうげん
cartographic representation (generalization)

地図の形による地上,他の天体,または宇宙についての景観や環境の情報の表現方法。地図表現の最大の特色は対象を記号化してある事象を表わすことで,普通は記号の形状や大きさ,線の太さ,配色,それらの適用の仕方などを定めた図式と,縮尺に応じた取捨選択基準,真位置に表現不能な場合の転位の方法などを一貫させる図式適用の方式を設定する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地図表現の関連キーワード言語地図HDF宇宙雑音出現方言地図蝕するパンスペルミア説平衡形状月その他の天体を含む宇宙空間の探査および利用における国家活動を律する原則に関する条約ノーアスペクト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地図表現の関連情報