コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地図表現 ちずひょうげんcartographic representation (generalization)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地図表現
ちずひょうげん
cartographic representation (generalization)

地図の形による地上,他の天体,または宇宙についての景観や環境の情報の表現方法。地図表現の最大の特色は対象を記号化してある事象を表わすことで,普通は記号の形状や大きさ,線の太さ,配色,それらの適用の仕方などを定めた図式と,縮尺に応じた取捨選択基準,真位置に表現不能な場合の転位の方法などを一貫させる図式適用の方式を設定する。多色刷り地図となると表現する内容をより豊かにできるが,色彩効果のあり方,記号や文字との関係について,表現法はさらに複雑で多様になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

地図表現の関連キーワードカルトグラム統計地図数値地図小縮尺図等値線人口図地形図主題図地図学

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android