地域人民闘争(読み)ちいきじんみんとうそう

世界大百科事典 第2版の解説

ちいきじんみんとうそう【地域人民闘争】

1947年の二・一ストで全国的統一闘争を禁止された労働組合が,翌年にかけ,職場闘争を基礎に地域の諸要求と結合して地方権力との闘いも目ざした闘争戦術。片山哲内閣の1800円ベース反対の労働組合は,47年6月の全逓松江大会で地域闘争戦術を決定,8月,神戸中央郵便局で〈集団欠勤〉戦術を採用,以後各地に波及したが,これを〈山猫スト〉とする政府の警告で一応鎮まった。しかし11月,全逓松本大会は地域の諸要求と結合,農民,市民との共闘で地方権力と対決する地域人民闘争戦術を採択,共産党も12月の第6回大会でこの戦術を定式化した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の地域人民闘争の言及

【地域闘争】より

…第2次大戦後の日本では,全逓信従業員組合が二・一スト禁止後の賃金ストップ・首切り企業整備に反対して,1947年秋に職場闘争を強化しつつ地域闘争を展開したのが最初である(〈全逓〉の項参照)。その後地域闘争は〈地域人民闘争〉とよばれる権力闘争に転化され,政治主義的誤りと占領軍・官憲の弾圧のために衰退したが,53年以降のデフレ期の人員整理反対闘争のなかで〈ぐるみ闘争〉方式に発展させられ,再び華々しく闘われた。この方式は,家族ぐるみ・地域ぐるみの組織をつくり,その闘争によって,企業の危機が叫ばれると闘争体制が崩れるという企業別組合の弱点を補おうとするものであった。…

※「地域人民闘争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android