コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地域猫 チイキネコ

3件 の用語解説(地域猫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちいき‐ねこ〔チヰキ‐〕【地域猫】

特定の飼い主ではなく、その地域に住む人々が共同で飼育と管理をしている猫。餌やり、ふんの清掃、繁殖防止のための避妊手術、猫に関する住民どうしトラブル解消などの活動を行う。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

地域猫

野良猫が繁殖しすぎないよう去勢手術をしたり、排泄(はいせつ)などのしつけをしたりするなどして、地域ぐるみで世話をする特定の飼い主がいない猫のこと。環境省ガイドラインを作成しており、埼玉や徳島、福岡の各県など、補助金を出す自治体もある。一方、横浜市では8~10月、地域猫が相次いで毒殺されたとされる事件もあった。

(2015-12-05 朝日新聞 朝刊 1道)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちいきねこ【地域猫】

特定の飼い主がなく、地域住民がルールを作って共同で飼育管理をする猫。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地域猫の関連情報