地域猫(読み)チイキネコ

  • ちいきねこ〔チヰキ〕

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

特定の飼い主はいないが、地域の合意の下で保護・管理されている猫。管理の根幹は「NR活動」。TはTrap(捕獲)、NはNeuter(不妊・去勢手術)、RはReturn(元の場所に戻す)。手術済みの猫は、耳にVの字の切り込みを入れる。サクラ花びらの形にも似ているため、「さくらねこ」とも呼ばれる。

(2019-10-25 朝日新聞 朝刊 宮崎全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

特定の飼い主がなく、地域住民がルールを作って共同で飼育管理をする猫。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地域猫の関連情報