コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地域経済統合 ちいきけいざいとうごう

百科事典マイペディアの解説

地域経済統合【ちいきけいざいとうごう】

近隣の複数国の経済を統合して共通の経済政策によって運営しようというもの。域内では自由貿易域外に対しては保護貿易になりやすいため,GATTでは条件付きで認めていた。経済統合は(1)自由貿易協定,(2)関税同盟,(3)共同市場,(4)経済同盟,(5)完全な統合,の5段階に区分される。ヨーロッパのEC統合,EU(ヨーロッパ連合)の成功が引金となり,各地域で議論されはじめたもの。米国,カナダメキシコ3国のNAFTA北米自由貿易協定)などもその好例である。拡大経済圏が周辺諸国を巻き込んでより開放経済をめざす傾向にもつながっている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地域経済統合の関連情報