コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地学地就 チガクチシュウ

1件 の用語解説(地学地就の意味・用語解説を検索)

人事労務用語辞典の解説

地学地就

地学地就」とは、地域で学んだ若者が地元の中堅・中小企業などに就職し、地域の経済や地場産業の発展に寄与することを言います。都心偏重・大企業偏重の就職活動の現状に一石を投じる新しい就職のあり方として注目されており、地方の大学と経済界が連携してインターンシップを実施するなど、学生の地元定着を支援する取り組みも広がりはじめています。
2012/9/10掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地学地就の関連キーワードローカル志向ラザル学地実習若者岩海第2種住居地域第2種低層住居専用地域ケックラン(ケクラン)ザレンプスキ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone