コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方分権改革

1件 の用語解説(地方分権改革の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

地方分権改革

1993年、衆参両院が分権推進を決議して始まった。自治体を自立した「地方政府」にするため、中央政府が握る権限や財源を移していく。これまでは「三位一体改革」を含めて、各省が承諾した分野しか実現しなかった。07年からの地方分権改革推進委員会は各省が拒んできた案件にも取り組む。今秋に国の出先機関統廃合をめざす第2次勧告、来春に税財源の移譲を求める第3次勧告をする。それを踏まえて政府は法改正などに取り組む予定だが、その規模やスピードは政権の判断による。

(2008-06-21 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地方分権改革の関連キーワード決議二院制両院協議会政見放送首相指名衆参分権委国会の随意契約地方分権改革推進法自民党の両院議員総会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地方分権改革の関連情報