コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方巡察使 ちほうじゅんさつし

1件 の用語解説(地方巡察使の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちほうじゅんさつし【地方巡察使】

1869年(明治2)および82年,83年の両年におかれた地方の監督官。戊辰戦争で戦場となった奥羽地方の民政状況を把握するために,1869年奥羽・岩代・若松・両羽・三陸巡察使を派遣したのがはじまりだが,同年7月の官制改革により,奥羽,北陸に按察使が設置されたのを機に廃止された。その後82年,自由民権運動が高揚し,地方官と地方民衆の間に対立紛争が激しくなった状況下で,再び地方巡察使が設置される。地方の政治状況,自由民権運動の浸透状況を正確に把握したうえで,自由民権運動の弾圧策を探り,政情を安定させる政策をたてることが巡察使設置の目的であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

地方巡察使の関連キーワード日本及日本人式年議院法市原硬小川尚義鹿島安太郎久保昌二小西保二郎パーレット呼出太郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone