コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関口隆吉 セキグチタカヨシ

デジタル大辞泉の解説

せきぐち‐たかよし【関口隆吉】

[1836~1889]政治家。江戸の人。字(あざな)は良輔。通称、権助。号、黙斎。関口鯉吉新村出の父。旧幕臣で、元老院議官・静岡県知事などを歴任した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関口隆吉 せきぐち-たかよし

1836-1889 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)7年9月17日生まれ。新村出(しんむら-いずる),関口鯉吉の父。幕臣。江戸開城のときは精鋭隊頭取兼町奉行調役として治安の維持につとめる。明治8年山口県令となり,萩(はぎ)の乱を鎮圧。19年初代静岡県知事となる。明治22年5月17日死去。54歳。江戸出身。字(あざな)は艮輔(ごんすけ)。号は黙斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の関口隆吉の言及

【萩の乱】より

…萩と徳山から山口を挟撃しようとしたのである。10月31日には山口県令関口隆吉の率いる政府軍との間に火ぶたが切られた。陸軍卿山県有朋は,木戸孝允,伊藤博文と相談のうえ,広島鎮台司令長官三浦梧楼陸軍少将を鎮圧に向かわせた。…

※「関口隆吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

関口隆吉の関連キーワード関口 隆正関口隆正