コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参事院 さんじいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

参事院
さんじいん

明治太政官制上の機関の一つ。長を議長といい,初代の長は参議伊藤博文であった。 1881年 10月 21日の太政官達 89号により設置され,72年7月の太政官達で設けられた正院法制局を受継いだもので,85年 12月 22日,内閣法制局発足とともに廃止された。その権限はきわめて強大で,各法律規則案の起草上申および審査にとどまらず,諸領域に及んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

さんじいん【参事院】

1881年(明治14)に太政官内に設置された機関で、法律の制定・審査や行政官と司法官、地方議会と地方官の権限争いの裁定などにあたった。85年、内閣制度創設により廃止。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の参事院の言及

【コンセイユ・デタ】より

…フランスにおける最高位の行政裁判・諮問機関。国務院,参事院とも訳される。1799年にナポレオンによって,法律案・行政規則の起草,行政に関する紛争等の解決を目的として創設された。…

【フランス】より

…任期は5年である。 なお,憲法上の機関ではないが,ほかに重要なものとしては,法案作成に関して政府に助言を与えるとともに,最高行政裁判所としても機能する参事院Conseil d’Étatがある。
[政党]
 フランスでは,必ずしも政党が政治のなかでつねに重要な役割を演じてきたといえない。…

※「参事院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

参事院の関連キーワードルイ・ボナパルトのブリュメール18日ドブレ(Michel Debré)ウォルムス(René Worms)G. ポンピドゥーピエール ラロックコンセイユ・デタコンセーユ・デタジャック アタリミシェル ドブレレオン ブルム伊東 巳代治ラス・カーズ田中 不二麿宮島誠一郎村岡 良弼高崎 五六三好 退蔵山口 尚芳西園寺公望山尾 庸三

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android