コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方防衛局 チホウボウエイキョク

デジタル大辞泉の解説

ちほう‐ぼうえいきょく〔チハウバウヱイキヨク〕【地方防衛局】

防衛省の地方組織。自衛隊米軍基地の円滑な運営のため、および災害発生時に自治体や周辺住民との調整や連絡を行うことを主な業務とする。北海道(札幌市)・東北(仙台市)・北関東さいたま市)・南関東横浜市)・近畿中部(大阪市)・中国四国(広島市)・九州(福岡市)・沖縄(嘉手納町)の8地域に配置されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

地方防衛局

防衛施設庁の統廃合に伴い、2007年、防衛省の地方組織として全国の8カ所(札幌市、仙台市、さいたま市、横浜市、大阪市、広島市、福岡市、沖縄県嘉手納町)に設けられた。自衛隊や米軍の基地などがスムーズに運営されるように、地方自治体や周辺住民と交渉したり、米軍人らの行為で被害が出た際の対応窓口になったりする。

(2012-02-02 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

地方防衛局の関連キーワード防衛施設庁

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地方防衛局の関連情報