地殻均衡説(読み)チカクキンコウセツ

岩石学辞典の解説

地殻均衡説

地殻の大きな部分が下部にある重いマントルに浮かんでいると仮定し,釣り合いについて一般化した考え[Dutton : 1899, Holmes : 1965].ギリシャ語isosは等しい,stasisは起立存続の意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちかくきんこう‐せつ チカクキンカウ‥【地殻均衡説】

〘名〙 地下のある一定の深さでは圧力がほぼ等しく、地殻は全体として力学的な均衡を保っているという説。アイソスタシー。地殻平衡説

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android