コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地獄の一季節 じごくのいちきせつ

百科事典マイペディアの解説

地獄の一季節【じごくのいちきせつ】

ランボーの散文詩集。《Une saison en enfer》。1873年の作で1895年刊。10編からなる。ベルレーヌとの同棲(どうせい)生活の体験を地獄の背景とし,社会のモラルへの軽蔑(けいべつ)や反抗,文学への訣別(けつべつ),至上の無垢(むく)に至る苦行などを,〈言葉の錬金術〉によって,一つの神話の域にまで高めた詩作品。
→関連項目ランボー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

地獄の一季節の関連キーワードクローデル地獄の季節