地獄の季節(読み)じごくのきせつ(英語表記)Une Saison en enfer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地獄の季節
じごくのきせつ
Une Saison en enfer

フランスの詩人アルチュール・ランボーの詩集。 1873年刊。「地獄の夜」「錯乱」など9章から成る散文詩。自身で出版した唯一の本で,著者 18歳のときの作品。銃撃事件で終るベルレーヌとの放浪生活を通じ,最高にまで高められたランボーの詩的精神が,汚辱と苦悩,生への渇望,「言葉の錬金術」となって激しく歌われている。フランス象徴主義最大の傑作の一つとして,シュルレアリスムなど 20世紀の詩に多大の影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じごくのきせつ〔ヂゴクのキセツ〕【地獄の季節】

《原題、〈フランス〉Une saison en enferランボーによる散文詩集。1873年完成の、生前に出版された唯一の詩集。自費出版作品として印刷されたが、費用未払いのため大半は著者に引き渡されず、20世紀になってから印刷所の倉庫内で発見された。ベルレーヌとの別れの後に書かれた全9編の詩からなり、内面の危機をダイナミックに表現した著者の代表作。地獄の一季節。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

地獄の季節

英国の作家ジャック・ヒギンズの冒険小説(1989)。原題《A Season in Hell》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地獄の季節
じごくのきせつ
Une Saison en enfer

フランスの詩人アルチュール・ランボーの散文詩集。1873年作。同年10月、ベルギーのブリュッセル、ポート書店にて印刷完了。しかし、自費出版の費用未払いのため、著者の手に渡ったのは見本の数冊のみ。残りの約500部は、死後10年の1901年、同書店倉庫より発見された。散文詩全9編の主題は、生、愛、見者の詩法を通じてのカトリックと西欧文明への対決。詩の発生の場が、西欧近代の引き裂かれた魂の修羅場にあることを証明するように、怒りと苦悩に彩られ、矛盾撞着(どうちゃく)に満ちたことばが強烈なエネルギーを放つ。同時に、詩句の美しい響き、演劇的構成、「序」の反逆から終章「訣別(けつべつ)」の新たな決意に至るまでの地獄の時間と、全章の外縁を流れる春から秋への客観的時間の対比の妙など、詩的意識のみごとな結晶といえよう。『地獄の一季節』『ある地獄の季節』の訳名もある。[中安ちか子]
『渋沢孝輔他訳『世界文学全集55 地獄の一季節』(1981・講談社) ▽小林秀雄訳『地獄の季節』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android