コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地獄大夫 じごくだゆう

1件 の用語解説(地獄大夫の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

地獄大夫

室町時代の泉州堺(大阪府堺市)の伝説的遊女。堺高須町珠名長者の囲いものといわれる。梅津嘉門景清の娘であったが,如意山中において山賊にかどわかされ,美貌のゆえに遊女として売り飛ばされる。現世の不幸は前世の戒行のつたなさゆえとして,来世での往生のために,自らを地獄と呼び,地獄変相図を描いた衣をまとい,自らに施すところなく,悟りの境地で仕事に励んだという。堺に赴いた一休宗純に会ったとき,「門松は冥土の旅一里塚めでたくもありめでたくもなし」との歌を贈り,一休を感動させたという話は有名。<参考文献>山東京伝「地獄信解品」(『本朝酔菩提全伝』)

(小松和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地獄大夫の関連キーワード石津浜寺大阪女子大学浅香の浦吉右衛門(本湊焼,4代)吉右衛門(本湊焼,5代)吉右衛門(本湊焼,6代)吉右衛門(本湊焼,7代)地獄太夫森本仁平

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone