コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一里塚 いちりづか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一里塚
いちりづか

江戸時代の主要街道両側に,1里 (36町= 4km) ごとに築かれたで,路程標の役割を果した。その起源は古代中国にあり,日本では戦国時代末期にはすでに存在していたが,慶長9 (1604) 年,徳川家康が江戸日本橋起点として,東海,東山,北陸の3街道に1里ごとに5間 (約 9m) 四方の塚を築かせ,塚の上にはえのきや松を植え旅行者に便宜を与えた。幕府はのち3街道以外にもこの制度を広め,諸藩もこれにならい脇街道 (→脇往還 ) に築いたこともあったが,その後改修に熱意がなく次第に廃壊し,天明年間 (1781~89) 頃には原形を失うものも多かったという。明治維新後は道路の改修が進むとともにほとんど除去された。東京では北区西ヶ原にその遺跡がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いちり‐づか【一里塚】

主要な街道に1里(約3.927キロ)ごとに築かれた塚。榎(えのき)などが植えられ、旅人のための里程標となった。
大きな仕事や目標へむかう過程での一つの段階。「遠大な計画の一里塚ともなる事業が成った」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

一里塚【いちりづか】

おもな道路の両側に1里ごとに築いた塚。起源は古代の中国に求められ,日本では室町時代からあったともいう。織豊期から5間四方の塚が築かれ始め,江戸時代に整備された。
→関連項目宿村大概帳

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

とっさの日本語便利帳の解説

一里塚

江戸開幕後、江戸を中心とした交通網の再編成を目指して、日本橋を起点とし、主要街道に一里ごとに設置された塚。松や榎の植えられた五間四方の一里塚は、旅人の恰好の休息の場となった。

一里塚

→「いつか必ず役に立つ!編 覚えておいて損しない日本史」の「一里塚」

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

防府市歴史用語集の解説

一里塚

 道のわきに1里ごとに塚をつくって、木を植えたりしたものです。旅の目安としてつくられましたが、明治時代になると次第になくなります。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いちりづか【一里塚】

おもな道路の両側に1里(約4km)ごとに築いた塚。一里山ともいう。起源は古代の中国に求められ,日本では古代の国境の印に求める説や,室町時代に足利義晴が諸国に命じたともいう。織田信長豊臣秀吉のころから,36町を1里として1里ごとに5間四方の塚が築かれ始めた。全国的規模で構築されるのは,1604年(慶長9)徳川家康が秀忠に命じて,江戸日本橋を起点として主要街道に築かせてからである。塚にはエノキや松などの樹木を植えることが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いちりづか【一里塚】

街道で一里ごとに道の両側に土を盛り、エノキなどを植えて、距離を示す目印とした塚。江戸幕府により全国に設置。里程標りていひよう
大きな事業を達成してゆく過程における一つの段階。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一里塚
いちりづか

街道の両側に1里ごとに築かれた塚。塚上にはエノキなどの樹木が植えられていた。織田信長、豊臣(とよとみ)秀吉により始められたといわれるが、1604年(慶長9)江戸幕府により東海・東山・北陸道をはじめ、全国規模での設置が始まった。旅行者の便、運賃決定の目安、度量衡統一政策の一環として設置されたが、街道の付け替えなどにも旧位置を動かず、修理もほとんど行われなかったため、近世後期には荒廃した。塚には榎を植えたものが多いが、松などもある。天保(てんぽう)(1830~44)末年東海道品川―京都間には104の塚が現存した。明治以降、敷地の民間への払い下げや道路拡張により大部分が取り壊された。保存の良好なものは国の史跡に指定されている。[山本光正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

一里塚の関連キーワード神奈川県横浜市戸塚区品濃町神奈川県足柄下郡箱根町畑宿神奈川県相模原市南区新戸青森県上北郡七戸町卒古沢神奈川県横浜市戸塚区平戸岩手県花巻市石鳥谷町江曽青森県上北郡七戸町森ノ下島根県松江市宍道町伊志見正月は冥土の旅の一里塚和歌山県和歌山市新在家富山県下新川郡朝日町境宮崎県小林市野尻町紙屋島根県出雲市斐川町出西山口県下関市豊浦町黒井愛知県知立市来迎寺町福島県須賀川市一里坦大阪府富田林市錦織東青森県十和田市伝法寺静岡県三島市山中新田青森県十和田市大沢田

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一里塚の関連情報