コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地粉 じごな

1件 の用語解説(地粉の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

じごな【地粉】

地元で収穫された小麦の粉。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の地粉の言及

【漆工芸】より

… 彩漆(いろうるし)用の顔料はおもにレーキ顔料で,ほかにチタンホワイト,本朱,べんがら,石黄,松煙などが用いられ,樟脳(カンフル)は溶剤として江戸時代から用いられた。素地の形を修補し堅牢にするために下地工程が重要であり,これには刻苧(こくそ)綿とか木粉,布着せ用麻布,地粉(じのこ)(土を焼いた粉),砥粉,こし紙,砥石,水ペーパー,漆研磨用炭(朴炭,椿炭,静岡炭,呂色炭),角粉などが使われる。
[塗漆と加飾]
 漆を塗ることを髹漆(きゆうしつ)といい,もっとも一般的な施工は次のとおりである。…

※「地粉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地粉の関連情報