コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地統計学 ちとうけいがくgeostatistics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地統計学
ちとうけいがく
geostatistics

空間座標に規制された変量を処理するための統計学。 1960年代後半から 70年代にかけて,南アフリカの D. G.クリッグやフランスの G.マテロンらにより開発された。当初は,金属鉱床の鉱量を精度よく推定することを目的としたが,現在では岩盤の岩石工学的性質の推定など,多くの分野で利用されている。その基本的手法はバリオグラムクリッギングにある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android