コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂十仏 さか じゅうぶつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂十仏 さか-じゅうぶつ

?-? 南北朝時代の医師,連歌師。
坂九仏(くぶつ)の子。光明天皇,足利尊氏侍医となり,建武(けんむ)4=延元2年(1337)民部卿法印となる。博学多才で知られ,連歌は善阿(ぜんあ)にまなんだ。康永元=興国3年伊勢に参宮し,法楽連歌を興行,「伊勢太神宮参詣(さんけい)記」をあらわした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

坂十仏

生年:生没年不詳
鎌倉時代末期から南北朝時代連歌師。生年は弘安3,4(1280,81)年ごろか。坂九仏の子で,子に士仏がいる。「日本一和漢才学の者」(『密伝抄』)で,和歌にも堪能であり,『新後拾遺和歌集』に入集,また足利尊氏に『万葉集』を講じている。医術を修得した医僧としても著名。花下連歌の指導者善阿の弟子であり,知的で巧妙な付合を得意としたことが『【G7EDF玖波/つくば】集』に入集したその句から分かる。康永1/興国3(1342)年,伊勢神宮で法楽連歌に参加した折『伊勢太神宮参詣記』を記し,『拾塵抄』なる連歌学書を残したらしい。<参考文献>木藤才蔵『連歌史論考』上

(伊藤伸江)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の坂十仏の言及

【伊勢太神宮参詣記】より

…1342年(興国3∥康永1)坂十仏(さかじゆうぶつ)が伊勢神宮に詣でた際の参詣記。《太神宮参詣記》ともいう。…

※「坂十仏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

坂十仏の関連キーワード太神宮参詣記木藤才蔵坂士仏十仏